交通事故の用語集

一覧へ戻る

全損

一般的には、交通事故によって車両が壊れてしまい、物理的に修理が不可能となってしまった状態のことを全損といいます。ただし、法律的には全損には、物理的全損と経済的全損の意味があるとされています。物理的全損は車体が修理不可能なほど損壊してしまった場合です。他方、経済的全損というのは、修理費が自動車の時価額に買換え費用を加えた価格を上回る場合で、この場合は、修理が可能であっても「時価+買換え費用」を賠償すれば足りるというのが判例の考えです。時価は、一般的にはオートガイド社の自動車価格月報の販売価格(業者が仕入れた自動車に整備を加え店舗で販売する場合の販売価格)によります。買換え費用のうち、事故車両の廃車の費用は賠償の対象になりますが、自動車税及び自賠責保険料は、交通事故と相当因果関係を有する損害とは認められません。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ