交通事故の用語集

一覧へ戻る

併行給付

交通事故の被害者が、交通事故をきっかけとして、加害者に対する損害賠償請求権を取得するとともに、別の発生原因に基づき加害者以外の第三者から金銭などの給付を受けることがあります。加害者側の保険や被害者自身が加入する保険、社会保険などが典型的な例です。これらの給付と加害者が被害者に支払うべき損害賠償給付とをどのように調整するか、というのが併行給付の問題です。特に、過失相殺や共同不法行為が問題になる場合(交通事故においては、通常の不法行為に比べて、これらが問題になることが多いです)には、その調整方法について争いになることが多く、関連する裁判例も数多くあります。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ