交通事故の用語集

一覧へ戻る

体質的素因

交通事故の前から被害者が罹患していた既往症が、交通事故を契機として発症し、または他の部位に変性を出現させて後遺症など損害を拡大させた場合、あるいは、被害者の体質的な特徴が、交通事故と相まって損害を拡大させたような場合に、裁判所が認定する損害賠償額が、結果として拡大された損害額全額となるのか、それともその事由が損害額の一定の減額事由となるのか、という問題が体質的素因の問題です。たとえば、高齢者の交通事故で、骨粗鬆症、認知症(痴呆)、高血圧などが原因で損害が拡大したような場合に問題となります。結論としては、個々の事案において、その体質的素因が個体差の範囲を超え、かつ、公平を失する程度まで損害を発生し拡大させているといえる場合には、損害賠償額の算定に考慮されることがあるとされています。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ