交通事故の用語集

一覧へ戻る

代車使用料

交通事故により、車両の買換えや修理が必要となり、それにより車両が使用できない期間が発生した場合には、代わりの車両を使用せざるをえなくなります。このような場合に代わりに使用した車両の使用料のことを代車使用料といったり、単に代車料といったりします。代車使用料が損害として認められるためには、現実に代わりの車両が使用されること、使用料が相当性の範囲内であることが必要です。代車ではなくタクシーを利用する場合にも、代車料相当額を上限に、タクシー代が損害額として認められると考えられます。なお、現実に代車を使用していたとしても、被害者が他に車両を保有し、代車を使用する必要がない場合には代車料は損害として認められません。代車としては、年式や車種などが事故車と同程度のものであることを前提に損害を考えるのが原則ですが、事故車が外国車の場合には、代車は国産車で足りることを前提に損害が算定された裁判例もあります。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ