交通事故の用語集

一覧へ戻る

他覚症状

他覚症状というのは、自覚症状に対して使われる言葉で、医師や他人が見ることのできる症状のことをいいます。後遺障害等級認定においては、基本的には他覚症状が認められることが前提となります。したがって、後遺障害の等級を認定してもらうためには、画像所見(レントゲンやMRIなど)、神経根症状誘発テスト(ジャクソンテスト・スパーリングテストなど)、知覚検査等により、他覚症状に関する所見を得ることが重要となります。むち打ち症などのケースに多いのですが、交通事故において自覚症状のみしかなく、他にそれを裏付ける医学的な検査結果がない場合には、その症状が否定されたり、または請求金額が低額になるおそれがありますので、ご留意ください。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ