交通事故の用語集

一覧へ戻る

他人性

自賠法の3条によれば、自分のために自動車を運行の用に供する者(すなわち運行供用者)は、その運行によって他人の生命または身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償しなければなりません。そして、ここにいう「他人」とは、運行供用者、運転者、運転補助者以外の者のことをいいます。運行供用者が複数いる場合(共同運行供用者といいます)、この共同運行供用者は、「他人」にはあたらないことになりそうですが、共同運行供用者相互の間では、一方の共同運行供用者が他の共同運行供用者との関係では「他人」であるとして、運行供用者責任を追及できるかという問題があります。この点について、裁判例は、運行供用者が複数存在する共同運行供用者のうち、他の者より、直接的・顕在的・具体的に運行を支配している場合は、「他人」とはいえないものとしています(会社所有の自動車を会社の取締役が会社の従業員に運転させていたところ、その従業員が運転を誤って交通事故を起こして取締役が怪我をしたため、取締役が会社に対して運行供用者責任を追及したという事案(会社とその取締役が共同運行供用者)で、裁判例は、「会社による運行支配が間接的、潜在的、抽象的であるのに対し、取締役による運行支配ははるかに直接的、顕在的、具体的である」として、運行供用者責任を否定しました。)

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ