裁判例集

一覧へ戻る

交通事故の損害賠償の裁判例: 大阪地裁H16-3-29

交通事故の裁判例

死亡慰謝料の算定につき、飲酒運転であることを考慮した。

交通事故の裁判例判旨

前記一で認定した本件事故に至る経緯、事故状況、とりわけ被告Iが飲酒した上で起こした事故であること、亡Tの年齢、家族関係等、その他本件訴訟に現れた一切の事情を勘案し、後記(2)イのとおり、原告らに固有の慰謝料が認められることも考慮すれば、亡Tの死亡に対する慰謝料としては、二三〇〇万円と認めるのが相当である。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ