裁判例集

一覧へ戻る

交通事故の損害賠償の裁判例: 大阪地裁H14-7-8

交通事故の裁判例

「赤色信号を殊更に無視し」たものに当たると認めた事例

交通事故の裁判例判旨

 被告人は、平成一三年一二月二七日午前零時三五分ころ、普通乗用自動車を運転し、大阪府阪南市鳥取中《番地略》先の信号機により交通整理の行われている下出東交差点を北から南に向かい直進するに当たり、対面信号機が赤色の灯火信号を表示しているのを同交差点の停止線手前約一八七・七メートルの地点で認めたが、先の交差点で赤信号を無視したことによりパトロールカーに追尾されていたことに加え、当時飲酒運転中であったことから、上記下出東交差点で停止することなく直進してパトロールカーの追尾を逃れようと企て、同交差点の赤信号を殊更に無視し、重大な交通の危険を生じさせる速度である時速約八〇キロメートルの速度で自車を運転して同交差点内に進入したことにより、折から、左方道路から青色の灯火信号に従って同交差点内に進入してきたB(当時三四歳)運転の普通乗用自動車(軽四)右前部に自車前部を衝突させて同人を車外に転落させ,よって、同人に胸部外傷の傷害を負わせ、同日午前一時四九分ころ、同府泉佐野市りんくう往来北《番地略》所在の大阪府立泉州救命救急センターにおいて、同人を上記傷害により死亡させた。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ