裁判例集

一覧へ戻る

交通事故の損害賠償の裁判例: 名古屋地裁H10-3-18

交通事故の裁判例

フィリピン人女性の慰謝料について、日本の基準よりも低い慰謝料額を認めた。

交通事故の裁判例判旨

Aの逸失利益を求めるについては、本件事故の日から三年間は賃金センサス平成五年第一巻第一表産業計・企業規模計・女子労働者・学歴計の該当年齢層の平均賃金年額三三五万二七二〇円を基礎とし、その後六七歳までの三六年間はフィリピンにおける女子労働者の平均賃金相当額を基礎とし、生活費控除率を三割として、ホフマン方式により年五分の割合による中間利息を控除する方法によって算定するのが相当である。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ