裁判例集

一覧へ戻る

交通事故の損害賠償の裁判例: 東京地裁H1-3-24

交通事故の裁判例

財産的権利の侵害の場合に慰藉料を請求するためには、被害者の愛情利益や精神的平穏を強く害するような特段の事情が存することが必要である。本件ではそのような事情は認められないので、本件交通事故による被害車両の損傷につき慰藉料は認められない。

交通事故の裁判例判旨

 不法行為によつて財産的権利を侵害された場合であつても、財産以外に別途に賠償に値する精神上の損害を被害者が受けたときには、加害者は被害者に対し慰藉料支払の義務を負うものと解すべきであるが、通常は、被害者が財産的損害の填補を受けることによつて、財産権侵害に伴う精神的損害も同時に填補されるものといえるのであつて、財産的権利を侵害された場合に慰藉料を請求しうるには、目的物が被害者にとつて特別の愛着をいだかせるようなものである場合や、加害行為が害意を伴うなど相手方に精神的打撃を与えるような仕方でなされた場合など、被害者の愛情利益や精神的平穏を強く害するような特段の事情が存することが必要であるというべきである。これを本件についてみるに、原告T本人尋問の結果によれば、原告Tは原告車を仕事に使用していたものであるが、前記修理の期間中(約一か月間)はタクシーを利用して仕事をせざるをえなかつたことが認められるものの、原告Tに前記特段の事情が存したことを認めるに足りる証拠はなく、右による原告Tの精神的苦痛は財産的損害の賠償とは別に慰藉料を認めるべき程度には至らないものというべきであるから、原告Tの慰藉料請求は失当といわざるをえない。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ