裁判例集

一覧へ戻る

交通事故の損害賠償の裁判例: 大阪地裁H19-12-10

交通事故の裁判例

交通事故の被害者の歯牙欠損による治療につき、インプラント費用を損害と認めた。

交通事故の裁判例判旨

証拠(甲62,乙5)によれば,原告Sは,本件事故により歯牙の一部を欠損したこと,K病院口腔外科において,一旦歯冠補綴の治療が行われたものの,その後,インプラント治療の希望があったため,平成15年12月14日からH病院歯科口腔外科において,インプラント治療を行ったこと,上記インプラント治療等のため,同日から平成18年7月13日までの間に,合計31万8680円の治療費を支出したこと及びインプラント治療費は,最終的には,上記支出額に加え,少なくとも50万円が必要であることが認められる。そして,証拠(甲63)によれば,原告Sの歯牙欠損部の治療に関しては,〔1〕インプラント,〔2〕可撤性部分床義歯及び〔3〕ブリッジの3つの方法が考えられるところ,〔2〕の方法については,原告Sには四肢麻痺があるため,誤嚥・誤飲のリスクがあり,〔3〕の方法については,健全歯削合を要し,2次う蝕のリスクや,支台歯への力学的負担が大きいことなどから,治療法として必ずしも適当ではなく,これらと比較すると,〔1〕の方法が望ましいことが認められる。
以上によれば,インプラント費用は,本件事故と相当因果関係がある損害として,今後支出が見込まれる金額を含め,合計81万8680円を認めるのが相当である。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ