裁判例集

一覧へ戻る

交通事故の損害賠償の裁判例: 大阪地裁H15-7-30

交通事故の裁判例

物損による生活上及び家業上の不便を被ったことを認め、これらによる精神的苦痛に対する慰謝料を認めた。

交通事故の裁判例判旨

 甲八、同一三及び原告H本人尋問の結果によれば、原告建物の表玄関部分を損壊され、被告との損害賠償交渉が難航したことも相まって、原告Hらは、年末年始を含む一か月以上にわたって、表玄関にベニヤ板を打ち付けた状態で過ごすことを余儀なくされ、それによって、生活上及び家業上の不便を被ったことが認められ、これらによる精神的苦痛に対する慰謝料としては、二〇万円が相当である。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ