裁判例集

一覧へ戻る

交通事故の損害賠償の裁判例:那覇地裁H3-6-17

交通事故の裁判例

交通事故による醜状痕に対応する人工カツラ代として、50年分、403万余円を認めた。

交通事故の裁判例判旨

前記醜状痕の部位、程度、内容、原告の年齢その他諸般の事情を考え併せると、原告の頭部に向後少なくとも五〇年間、人工カツラを着用する必要性は、これを否定しがたいものと認められる。
そして、甲五及び弁論の全趣旨によれば、右醜状痕に対応する人工カツラは二日に一度取り替える必要があるため、常時二セツト(価格四〇万三七六〇円)を所持することを要し、その耐用年数は五年であることが認められるので、二〇セツト分を損害として認めることとする。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ