裁判例集

一覧へ戻る

交通事故の損害賠償の裁判例:神戸地裁H3-6-26

交通事故の裁判例

温泉療養費が損害として認められなかった。

交通事故の裁判例判旨

原告主張の温泉治療については、治療担当医師の指示又は勧めを認めるに足りる客観的証拠がない。よつて、右主張治療と本件事故との間の相当因果関係の存在は、未だこれを認めるに至らない。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ