裁判例集

一覧へ戻る

交通事故の損害賠償の裁判例:東京地裁H4-2-28

交通事故の裁判例

医師らに対する謝礼12万円を損害として認めた。

交通事故の裁判例判旨

証拠(甲八の1ないし30、九の1及び2、原告S)によると、原告Sは、献血に来てくれた人や医師、看護婦、ヘルパー等に対する謝礼として相当額を支出したと認められるところ、本件事故と相当因果関係のあると認められる謝礼は一二万円とすることが相当である。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ