裁判例集

一覧へ戻る

交通事故の損害賠償の裁判例:東京地裁H12-7-28

交通事故の裁判例

被害者とその夫が日本語を十分理解しないために時間と労力を費やしたことを考慮して弁護士費用を損害と認めた。

交通事故の裁判例判旨

(弁護士費用を六〇万円と認めたことについて)反訴原告代理人は、反訴原告本人及びCが日本語を十分に理解しないために一般的な交通事件訴訟に比べて相当な時間と労力を費やしたと考えられ、当裁判所はこの点を考慮して算定した。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ