裁判例集

一覧へ戻る

交通事故の損害賠償の裁判例:東京地裁H10-3-19

交通事故の裁判例

交通事故の被害者が2つの病院に支払った謝礼各10万円、計20万円を損害として認めた。

交通事故の裁判例判旨

弁論の全趣旨によれば、原告Hは、U第一病院、J総合病院に入院中、医師らに謝礼をしたことが認められる。入院中の原告Hの前記の症状に照らし、このうち被告が負担すべき損害額としては、各病院ごとに一〇万円、合計二〇万円を認めるのが相当である。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ