裁判例集

一覧へ戻る

交通事故の損害賠償の裁判例:最判S57-11-26

交通事故の裁判例

自己所有の自動車の運転を友人に委ねて同乗中、友人の起こした交通事故により死亡した者は、友人との関係において自賠法3条の「他人」にあたらないとした。

交通事故の裁判例判旨

原判決の認定するところによれば、本件事故当時Rは友人らの帰宅のために本件自動車を提供していたというのであるから、その間にあつてWが友人らの一部の者と下宿先に行き飲み直そうと考えていたとしても、それはRの本件自動車の運行目的と矛盾するものではなく、Rは、Wとともに本件自動車の運行による利益を享受し、これを支配していたものであつて、単に便乗していたものではないと解するのが相当であり、また、Rがある程度W自身の判断で運行することをも許したとしても、Rは事故の防止につき中心的な責任を負う所有者として同乗していたのであつて、同人はいつでもWに対し運転の交替を命じ、あるいは、その運転につき具体的に指示することができる立場にあつたのであるから、WがRの運行支配に服さず同人の指示を守らなかつた等の特段の事情がある場合は格別、そうでない限り、本件自動車の具体的運行に対するRの支配の程度は、運転していたWのそれに比し優るとも劣らなかつたものというべきであつて、かかる運行支配を有するRはその運行支配に服すべき立場にあるWに対する関係において同法三条本文の他人にあたるということはできないものといわなければならない。しかるに、原判決は、前記の特段の事情があるか否かについて事実関係を確定しないまま、所有者であるRの運行支配の程度態様を間接的潜在的抽象的なものであると判断し、Rが同法三条本文の他人であると主張することができるとしたものであつて、ひつきよう、原判決の右判断には同法三条本文の他人の意義に関する解釈適用を誤り、その結果審理を尽くさない違法があるものといわなければならない。そして、右の違法が原判決に影響を及ぼすことは明らかであつて、この点に関する論旨は理由があり、その余の論旨について判断するまでもなく、原判決は破棄を免れない。そして、本件についてはさらに審理を尽くさせるのが相当であるから、これを原審に差し戻すこととする。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ