裁判例集

一覧へ戻る

交通事故の損害賠償の裁判例:最判S43-10-18

交通事故の裁判例

貸金の担保として自動車を預った者は自賠法第3条の責任を負う。

交通事故の裁判例判旨

上告人は貸金の担保として本件自動車を預ったものであり、少なくとも事実上本件自動車の運行を支配管理し得る地位にあったものであるから、この支配管理下における自動車の運行については、自動車損害賠償保障法にいう保有者として、その責を負わなければならないものである旨および、上告人の従業員である訴外岩佐末男による本件加害車の無断使用は、上告人の管理上の過失によって可能になったものであるから、同訴外人による本件加害車の運行は、その主観においては私用のための無断運転ではあるが、客観的には上告人による運転支配可能な範囲に属し、上告人は右運行により起った事故につき保有者としての賠償責任を免れない旨の原審の認定判断は、原判決挙示の証拠関係に照らして首肯できる。そして、同法三条ただし書にいう「注意を怠らなかったこと」の主張立証責任は上告人にあるところ、上告人は原審において右の点については主張立証せず、従って原審の認定判断しないところであるからこの点についての所論は、適法の上告理由たり得ない。原判決には所論の違法はない。論旨は採用できない。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ