裁判例集

一覧へ戻る

交通事故の損害賠償の裁判例:最判S42-9-29

交通事故の裁判例

自賠法3条の「他人」とは、自己のために自動車を運行の用に供する者および当該自動車の運転者を除く、それ以外の者をいうと定義した。

交通事故の裁判例判旨

自動車損害賠償保障法第三条本文にいう「他人」とは、自己のために自動車を運行の用に供する者および当該自動車の運転者を除く、それ以外の者をいうものと解するのが相当であるところ、原審の認定したところによれば、上告人は酩酊して同人の車の助手席に乗り込んだOに対し、結局はその同乗を拒むことなく、そのまま右車を操縦したというのであるから,右Oを同条の「他人」にあたるとした原審の判断は相当である。したがって、原判決に所論の違法はなく、所論は、原判決の認定にそわない事実に基づく見解であって、採用できない。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ