裁判例集

一覧へ戻る

交通事故の損害賠償の裁判例:大阪地裁H18-4-25

交通事故の裁判例

好意同乗者の過失相殺を否定した。

交通事故の裁判例判旨

本件では、原告は、単なる便乗・同乗者であると認められ、その他、原告が、事故発生の危険性が増大するような状況を自ら積極的に現出させたり、事故発生の危険が高い事情が存在することを知りながらこれを認容して同乗した等の事情は認められない。従って、原告が、被告車に同乗したこと自体は減額要素にはならない。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ