裁判例集

一覧へ戻る

交通事故の損害賠償の裁判例:大阪地裁H17-9-21

交通事故の裁判例

原告に本件交通事故の発生につき帰責事由は認められないから、好意同乗減額は認められないと判断した。

交通事故の裁判例判旨

証拠(被告B)によれば、本件事故は、松江市で開催された協議会に参加するための移動中に起きたものであること、被告Bは、当初、協議会に参加する予定はなかったが、他の参加予定者が欠席となったため、その代わりに出席することとなったこと、前記協議会への移動手段として自家用車を使用することは認められていなかったが、原告Tを含む他の参加者からの依頼を受け、被告Bが自家用車を提供することになったこと、本件事故直前に、被告Bは、原告Tから運転を交代する旨の申し出があったことが認められる。被告Bは、これらの事情を根拠に好意同乗減額を主張するが、これらの事実によって、事故発生の危険が増加したものではなく、原告Tに本件事故の発生につき帰責事由は認められないから、好意同乗減額は認められない。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ