裁判例集

一覧へ戻る

交通事故の損害賠償の裁判例:埼玉地裁H19-4-2

交通事故の裁判例

自動車の所有会社の代表者の長男で、同社に勤務し、無償でその自動車を使用していた被害者が、友人の運転する助手席に同乗中の交通事故により死亡した場合において、被害者は自賠法3条の「他人」とはいえない。

交通事故の裁判例判旨

上記二に認定の事実によれば、本件自動車を所有する運行供用者である所有会社と、共同の運行供用者である亡Jとの間で、本件事故当時における本件自動車に対する運行支配及び運行利益の享受の各程度及び態様を比較衡量すると、上記三に判示したとおり、本件自動車の使用権利者として、私用のために、往路を運転し、復路は助手席に同乗していた亡Jの運行支配及び運行利益の享受の程度及び態様の方が、より直接的、顕在的、具体的であったことは、明らかであるというべきであり、被告が指摘する昭和五〇年最判の判旨がそのまま妥当するものである。
 したがって、本件自動車の保有者である運行供用者の亡Jは、他の運行供用者である所有会社に対して、上記一に判示した自賠法三条所定の「他人」であるということはできない。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ