裁判例集

一覧へ戻る

交通事故の損害賠償の裁判例:名古屋地裁H20-2-13

交通事故の裁判例

被害者は運転者が飲酒をしていることを認識しており、そのような運転者の運転する車両に同乗していることなどから、運転者の被害者に対する全損害額の1割5分を減額すると判断した。

交通事故の裁判例判旨

ウ 被告の飲酒
 本件事故前、原告が飲酒したことを認めるに足る証拠はない。しかし、被告は飲酒しており、原告は被告が飲酒していることを認識し、かかる被告の運転する被告車に同乗しており、また、被告は本件事故への飲酒の影響を否定していない(被告)。 
エ 以上の事情を考慮すると、全損害額の一割五分を減額するのが相当であり、一割五分減額すると、五〇九六万六二五八円となる。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ