交通事故相談Q&A

一覧へ戻る

交通事故の相談

交通事故の加害者が未成年者であるとき、損害賠償などの責任を追及できるのでしょうか。

交通事故の相談への回答

一般に、未成年者が他人に損害を加えた場合、自分の行為の責任を弁識するに足りるだけの知能がない場合には、その行為について損倍賠償責任を負いません。その場合、監督すべき法的義務のある者(両親など)がその損害を賠償しなければなりません。もっとも、交通事故の場合は、そのような知能を欠く未成年者が自動車を運転することは通常考えられませんから、未成年者にも責任を追及することができるケースが多いでしょう。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ