交通事故相談Q&A

一覧へ戻る

交通事故の相談

交通事故のトラブルについては、保険会社との契約内容が問題になると思いますが、私は、保険契約約款の内容を理解していません。それでも私は保険契約約款に拘束されるのでしょうか。

交通事故の相談への回答

一般に、約款というのは、大量の取引について、契約の締結を円滑にし、迅速に行うために、契約内容や条件を一律に定めた契約条項をあらかじめ作成しておき、この内容で契約を締結させる場合のその契約条項のことです。たとえば、保険契約では保険契約約款が保険会社と保険契約者との間の権利義務関係を定めています。約款の法的拘束力については、学説上もいろいろな考え方がありますが、約款によらない意思を表示して契約しないかぎり、顧客側が契約当時その内容を知らない場合でも約款による意思をもって契約したと推定されると解釈されてしまうのが一般的です。なお、個別の約款の有効性については別の問題ですので、内容が不当な約款については、その有効性が裁判上も争点となることがあります。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ