交通事故相談Q&A

一覧へ戻る

交通事故の相談

交通事故によって被った物損は、いかなる場合も自賠責保険の対象にはならないのでしょうか。

交通事故の相談への回答

自賠法3条の運行供用者責任は、人の生命または身体に対する賠償のみに適用され、物損には適用されません。ただし、物の損害であっても、義眼、義歯、義肢、メガネ、コルセット、松葉づえ、補聴器などは、身体に密着し、身体の一部の機能を代行しているといえることから、自賠責保険実務の扱いとしては、自賠法3条の適用を認めています。事故車両そのものの損壊については、その類型によっては実務においても休車損害などの問題が争われます。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ