交通事故の被害に遭われたあなた(あるいはご家族)のお立場を考えて、当事務所では、弁護士が【相談料0円、着手金0円】加害者側の保険会社との示談交渉・損害賠償の請求をお手伝いしています。

交通事故 裁判

交通事故について裁判をするか示談をするか

あなたやそのご家族が、もし交通事故の被害者となってしまい、保険会社との話し合いになったとき、示談で終わらせたほうがよいのか、裁判(訴訟など)の法的手段を選んだ方がよいのかということは、慎重に考える必要があります。

その際、考えるべき大きな要素は、裁判にかかる費用と時間です。

費用は、裁判の手続を弁護士に依頼するでしょうから、裁判費用(印紙代など)の実費のほか、弁護士に支払う報酬が必要となります。

時間については、ケースバイケースですが、途中で和解しなければ、訴訟の提起から第一審の判決まで、1年くらいかかると考えておいた方が良いでしょう。証人尋問など、手続が複雑になると、さらに長い期間を要するケースもあります。

交通事故の裁判のマイナス面

長い期間、裁判に関わらなければならないというのは、交通事故の被害者にとって、肉体的・精神的負担となるのみならず、経済的にも大きな負担になると思います。

まずは専門家である弁護士に具体的な事情をご相談いただき(当事務所であれば無料相談をお受けしています)、裁判にかかる費用や時間の見通しを聞いてみるといいでしょう。

そのうえで、年単位の時間と、多額の費用をかけて裁判をする必要があるのか、よく考える必要があるでしょう。

連絡先:交通事故の相談は弁護士に

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ