当法律事務所は、交通事故の被害者であるあなた(または被害者のご家族)の負担をできるだけ小さくしたいとの考えから、【相談料0円、着手金0円】加害者側の保険会社との示談交渉・損害の請求をお手伝いしています。

交通事故 被害者の弁護士特約

交通事故の被害者の弁護士特約の用途

弁護士特約というのは、自動車保険についている特約の1つで、正確には、弁護士費用特約といいます(ここでは単に弁護士特約と呼びます)。一般的には、1回の事故について、被保険者1名あたり300万円を上限として保険金が支払われる内容の弁護士特約が多いです(しかし、ほとんどの交通事故では、弁護士費用が300万円を超えることはありません)。弁護士特約によって、弁護士報酬のほか、訴訟費用、仲裁・和解もしくは調停のための費用、法律相談料などがカバーされます。

ですから、交通事故の被害者の方(または被害者のご家族の方)で、弁護士特約に加入している方は、ぜひこれを利用して、弁護士に相談した方が良いでしょう。逆に、利用しなければ、何のために弁護士特約を保険に付したのか、意味がなくなってしまいます。

なお、弁護士特約に加入しているか確認しないまま、加害者側の保険会社との示談に応じてしまう方がいらっしゃいますが、とても勿体ないことです。保険証券(又は共済証券)の特約の欄を見れば、あなたが弁護士特約に加入しているかどうかを確認することができます。また、保険会社(又は共済)に連絡することで、あなたが弁護士特約に加入しているかを教えてもらえます。

また、被保険者ご自身が交通事故の被害に遭われた場合はもちろん弁護士特約を利用できますが、ご家族が交通事故の被害者になってしまった場合についても弁護士特約を使うことができる(あなたの保険がカバーしている)ことが多いです。ご家族が交通事故の被害者となられた場合も、一度弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士特約の注意点

相談者の中には、弁護士特約には加入していることは確認したけれども、弁護士特約を使うと等級が下がってしまい、その結果、保険料が上がってしまうことを心配する被害者の方もいらっしゃいます。しかし、弁護士特約を使っても基本的には等級は下がりませんのでご安心ください。 

なお、あなたに過失がある場合でも、弁護士特約を使うことができます。つまり、被害者であるあなたにも非があると言われている場合(たとえば、被害者であるあなたの過失割合は4割であると言われたような場合)であっても、弁護士特約は利用できるのです。

また、訴訟にならずに示談交渉だけで解決した場合であっても、弁護士費用特約を使用することができます。むしろほとんどの事件は、弁護士費用特約を使った上で任意交渉により解決しています。

さらに、弁護士特約を利用する場合も、弁護士は自分で自由に選ぶことができますときどき、「保険会社から紹介された弁護士に依頼する場合しか弁護士費用特約を利用できない」と言われた、などと相談を受けることがありますが、そんなことは絶対にありません。あなたが信頼している弁護士が周りにいらっしゃる方はいいのですが、そうでない方は、まずは無料相談を受け付けている交通事故の専門家の弁護士にお悩みを相談することをお勧めします。当事務所も交通事故の被害者(または被害者のご家族)については、無料相談を受け付けております(事前予約制)のでご利用ください
連絡先:交通事故の相談は弁護士に
※ 毎日多くの相談の予約をいただいております関係で、弁護士のスケジュールによってはご相談をうかがうまでに若干お時間がかかる場合がございます。どうぞ予めご了承下さい。

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ