当事務所では、交通事故の被害に遭われたあなた(または交通事故の被害者のご家族)のお立場を考えて、【相談料0円、着手金0円】加害者側の保険会社との示談金の交渉・損害賠償の請求などをお手伝いしています。

交通事故 示談金の相場

交通事故の示談金の相場について

交通事故の被害者が被った損害については、被害者は、加害者(通常は加害者側の保険会社)に請求することができます。これは、たいていの場合、示談金という形をとります。示談金の額は、交通事故の態様、後遺障害の有無など事故ごとに算出されます。ただ、実務上は、こういう事案ならこのくらいの示談金であろうという相場のようなものが存在します。

交通事故の被害に遭った方がまず知っておくべきことは、加害者側の保険会社の言いなりになって示談に応じて示談書にサインしてしまうと、本来であればもらえるはずの弁護士(裁判所)基準による金額を受け取ることができなくなってしまうということです。

というのは、交通事故の実務においては、交通事故の類型に応じた相場のような形で、自賠責保険、任意保険、弁護士会(裁判所)それぞれにおいて、賠償額(示談金)を計算する基準が設けられています。(なお、賠償金の計算について複数の基準があることは、一般にはほとんど知られていない事実です。これまでの依頼者の中で、この事実をご存じの方は一人もいらっしゃいませんでした。)

これらの基準は、一般的に、金額の高い順から、弁護士会(裁判所)基準、任意保険基準(保険会社の基準)、自賠責保険の基準、という順に並べることができます。

つまり、保険会社が設定している示談金の額(=保険会社が示談において提案してくる額)は、本来もらえるはずの弁護士会(裁判所)の基準にもとづく示談金の額よりも低いのです。

交通事故の示談金の額が適正かどうかを知るうえでは、このことをまず知る必要があります。

では、より高額な、弁護士会(裁判所)の基準にもとづく示談金をもらうためにはどうしたら良いのでしょうか?

交通事故の専門家である保険会社に対して、あなたがご自分で「弁護士会(裁判所)の基準で示談金の額を計算してほしい」と言ってみても、「この金額がこの類型の事故の場合の示談金の相場です」などと保険会社に言われてしまうと、保険会社を説得するのは難しいと感じるのではないでしょうか。

このように、ご自身で保険会社と示談金について交渉することが難しいとお考えの場合は、交渉の専門家である弁護士に委任するのも一つの方法です。

示談金の相場については弁護士に相談を

上記のとおり、示談金の相場には保険会社と弁護士(裁判所)の間でギャップがあります。交渉でこの点を保険会社を説得するためには、弁護士の力が必要なケースが多々あります。

当事務所では、交通事故の被害者(またはご家族)のご負担をなるべく小さくしたいとの考えから、示談金に関する交通事故の被害者(またはご家族)からの相談については、相談料0円、着手金0円でお引き受けしています

当事務所の弁護士報酬の考え方としては、賠償額(示談金)の10%(税別)のみをご負担いただきますが、示談金の10%のうち、当初の保険会社の提示額を下回る金額については報酬をいただきません。よって、依頼者にとっては全く金銭的・経済的なリスクなくして弁護士に相談していただくことができます。(詳しくは弁護士費用のページをご覧ください)。

当法律事務所は、交通事故で痛い目にあった被害者について、示談金でも損害を被ることは許さないという考えのもと、徹底的に交通事故の被害者の味方をするというポリシーを持っています。したがって、保険会社の顧問などは引き受けていません。まずは、交通事故に遭ってしまっていろいろ抱えているお悩みを、私達弁護士に話すことから始めてみませんか。
連絡先:交通事故の相談は弁護士に

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ