当事務所では、交通事故の被害に遭ったあなた(または交通事故の被害者のご家族)のお立場を考えて、【相談料0円、着手金0円】加害者側の保険会社との示談交渉・損害賠償の請求をお手伝いしています。

交通事故 示談の相場

交通事故の示談の相場・基準

交通事故の被害者は、受けた損害について、加害者(あるいは加害者側の保険会社)に請求することができます。通常は、示談という形をとります。

つまり、交通事故の示談というのは、交通事故の当事者の双方が歩み寄って、裁判によらずに解決することを約す契約のことです。示談は、民事上の「和解」という契約ですから、示談書は、当事者がそれぞれ事故についてどのような責任を負うのかを取り決め、さらに通常は、示談書に記載の無い債権債務が存在しないことをお互いに確認することになります。

この示談の条件・金額は、事故の態様、後遺障害など事故ごとの事情にもとづいて算出されます。とはいえ、交通事故の示談には、ある程度の相場となる金額があるのも事実です。

まず知っておくべきことは、保険会社の言いなりに示談に応じてしまうと、本来であればもらえる権利のある金額がもらえなくなってしまうということです。

詳しく説明しますと、交通事故の実務においては、ある意味で相場のような形で、自賠責保険、任意保険、弁護士会(裁判所)で、それぞれ賠償額(示談金)を計算する基準(相場)が設けられています。(ちなみに、交通事故の賠償金の計算方法に3つも基準があることをご存じの方は、これまでの相談にいらっしゃった方の中には、一人もいませんでした。)

示談の金額の基準は、一般的に、次のような大小関係があります。

自賠責保険の基準 < 任意保険(保険会社の基準) < 弁護士会(裁判所)の基準

つまり、保険会社が設定している示談金の額は、本来もらえるはずの弁護士会(裁判所)の基準にもとづく示談金の額よりも低いのです。

交通事故のプロである保険会社に対して、あなたがご自分で「弁護士会(裁判所)の基準で示談金の額を算出せよ」と言ってみても、「これが相場です」などと言われてしまうと、どのように交渉を進めれば良いのか分からないのではないでしょうか。

交通事故の示談は弁護士に相談を

このように、ご自身の力だけで保険会社と示談金の額について交渉することが難しいとお考えの場合は、交通事故の専門家である弁護士に交渉を依頼するのも一つの方法です。

弁護士が交渉をする場合は、保険会社は、もはや「これが相場です」などと逃れることはできません。

当法律事務所では、交通事故の被害者(またはご家族)のご負担をできるだけ軽減したいとの考えから、示談に関する交通事故の被害者(またはご家族)からの相談については、相談料0円、着手金0円でお受けしています

弁護士報酬としては、実際に相手方から獲得した賠償額(示談金)の10%(税別)だけを負担していただきますが、この示談金の10%のうち、当初の保険会社の提示額を下回る金額については報酬をいただきませんので、依頼者にとっては「弁護士報酬を払ったから損した」というリスクが全くない条件でご相談いただくことができます。この弁護士報酬の方式は、ご依頼者様から大変ご好評をいただいております(詳細については弁護士費用のページをご覧ください)。

私達弁護士は、徹底的に交通事故の被害者の味方をします。まずは、交通事故の被害者であるあなたがいま抱えているお悩みを、私達弁護士に話すことから始めませんか。
連絡先:交通事故の相談は弁護士に
※ 毎日多くの交通事故の相談の予約をいただいております関係で、弁護士のスケジュールによってはご相談をうかがうまでに若干時間がかかる場合がございますので、予めご了承下さい。

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ