当事務所では、交通事故の被害に遭われたあなた(またはご家族)のお立場を考えて、【相談料0円、着手金0円】加害者側の保険会社との示談交渉・損害賠償の請求をお手伝いしています。

交通事故 損害賠償額

交通事故の損害賠償額を決める3つの基準とは

交通事故の被害者は、加害者(保険会社)に損害の賠償を請求することができます。ただ、この損害賠償額というものは、事故の態様、傷害、後遺障害など個々の事情により異なるため、算出することがとても難しいのです。

そこで、迅速かつ公平に損害額を算出するため、自賠責保険、任意保険、弁護士会(裁判所)で、事故の類型にしたがって損害賠償額を計算するための、それぞれ別の基準を設定しています。

そして多くの場合、それぞれの損害賠償額の基準は、以下のような大小関係が成り立っています。

自賠責保険基準 < 任意保険基準 < 弁護士会(裁判所)基準

これは交通事故の被害者にとって、何を意味するのでしょうか?

もうおわかりですよね。任意保険基準を決めている保険会社の言いなりになって示談をしてしまうと、本来もらえるはずの弁護士会(裁判所)基準の金額がもらえなくなってしまうということなのです。交通事故の被害で泣かされ、損害賠償額でさらに泣かされたのでは、たまったものではありません。

それでは、弁護士会(裁判所)の基準にもとづく損害賠償額を受け取るためには、どうすれば良いのでしょうか。

ご自身で加害者や加害者側の保険会社を相手にして損害賠償額について交渉することができるという方は、頑張って自力で交渉してみるのも1つの方法だと思います。ただ、相手は交通事故を扱うプロの保険会社ですから、「これが相場だ」とか「あなたにも過失がある」とか、いろいろなことを言ってきます。あなたの言い分を通すのは難しいかもしれません。もし保険会社と自分で交渉するのは難しいとお考えであれば、交渉の専門家である弁護士に依頼するのも一つの方法です。

ただ、結局弁護士に高い報酬を支払わなければならないことが不安だという理由で弁護士に相談することをやめてしまう方が多いようです。たしかに、弁護士報酬については、各法律事務所によって異なるため、事件解決を委任する前に、報酬の金額や計算方法をよく確認することをお勧めします。

当事務所の考え – 交通事故被害者の負担をできるだけ軽く

当事務所では、交通事故の被害者からの損害賠償額に関するご相談については、交通事故の被害者(またはそのご家族)のご負担をできるだけ軽くしたいとの考えから、相談料0円、着手金0円でお受けしています。

弁護士報酬としては、最終的に獲得した損害賠償額の10%(税抜)のみをご負担いただくことになります。ただ、この損害賠償額の10%のうち、当初の保険会社の提示額を下回る金額については報酬をご負担いただく必要はございません。

したがって、依頼者にとっては金銭的なリスクは全くなしで相談していただくことができます。

この報酬体系は、本当にご依頼者にとって全くリスクがないため、多くの依頼者の方からご好評をいただいております(詳しくは弁護士費用のページをご覧ください)。

あなたが交通事故の被害に遭い、損害賠償額について当事務所に相談する場合は、まずは無料相談をご利用ください。多くの方の無料相談をお受けしているため事前予約制としていますので、大変お手数ですが、メールかお電話で無料相談の日時をご予約ください。ご相談に必要な書類についても、お電話またはメールにてご案内させていただきます。その後、保険会社との示談交渉などを当事務所の弁護士に任せるかどうかは、無料相談を受けた後に決めていただければ結構です

私達は、徹底的に交通事故の被害者の味方です。まずは、あなたのお悩みを私達弁護士に話すことから始めてみませんか。ご連絡をお待ちしております。

連絡先:交通事故の相談は弁護士に

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ