当法律事務所では、交通事故の被害者の方(あるいはそのご家族)のお立場を考えて、【相談料0円、着手金0円】加害者側の保険会社との示談の交渉・損害補償をお手伝いしています。

交通事故 損害補償

交通事故の損害補償に潜む保険会社の秘密

交通事故の被害者は、加害者・保険会社に対して、損害補償(損害賠償ともいいます)を請求することができます。

ただ、この損害補償額は、その交通事故の態様、後遺障害などの事情により異なり、個別に算出することが難しいので、自賠責保険、任意保険、弁護士会(裁判所)は、それぞれ損害補償額を計算する基準を設けています。

そして、損害補償額の基準は、一般的に以下のような金額の大小関係が成り立っています。

自賠責保険 < 任意保険 < 弁護士会(裁判所)

上の損害補償額の大小関係からわかることは、任意保険(保険会社)の言いなりになって示談をしてしまうと、本来もらう権利があるはずの弁護士会(裁判所)基準の補償金額がもらえなくなってしまうということなのです。

大切なことなので繰り返します。保険会社の言いなりになって示談に応じてしまうと、本来であれば被害者として当然もらう権利があるはずの弁護士会(裁判所)基準の補償金額がもらえなくなってしまうのです。

弁護士会(裁判所)基準の補償金額をもらうために

では、弁護士会(裁判所)の基準の補償金額をもらうためには、どうすれば良いのでしょうか?

もちろん、ご自身で加害者や加害者側の保険会社を相手にして損害補償額について交渉することもできます。しかし、「これが相場です」などと保険会社に言われてしまうと、なかなか有利に交渉を進めるのは難しいかもしれません。プロの保険会社の担当者に言いくるめられてしまう可能性もあります。そんなときは、交渉の専門家である弁護士に損害補償額の増額交渉を依頼するのも一つの方法です。

当事務所では、交通事故被害者の経済的なご負担をできるだけ軽くするために、交通事故の被害者からの損害補償額に関する相談については、相談料0円、着手金0円でお受けしています。弁護士にお支払いいただく報酬としては、実際に獲得した損害補償額の10%(税抜)のみをご負担いただきますが、この損害補償額の10%分のうち、当初の保険会社の提示額を下回る金額については報酬をいただきません。したがって、依頼者様にとっては全くリスクなしで依頼していただくことができます。

この報酬の体系は、多くの方からご好評をいただいております(詳しくは弁護士費用のページをご覧ください)。

あなたが交通事故の損害補償額について相談したいのであれば、まずは当事務所の無料相談をご利用ください(事前予約制)。保険会社との交渉などを正式に当事務所の弁護士に任せるかどうかは、無料相談を受けた後に決めてください

私達は、徹底的に交通事故の被害者のサポートをします。あなたのご連絡をお待ちしております。
連絡先:交通事故の相談は弁護士に

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ