交通事故の被害者であるあなたのお立場を考慮して、【相談料0円、着手金0円】後遺障害認定の異議申立て、保険会社との示談交渉・損害賠償の請求をお手伝いしています。

交通事故の後遺障害に強い弁護士

交通事故の後遺障害

交通事故の被害に遭われて後遺症が残ってしまった場合、後遺障害等級認定が問題になります。交通事故による後遺障害は、その障害の程度によって1級から14級に分けられます。例えば、いわゆるむち打ちの場合は、等級が認められる場合には、12級か14級に認定されます。基準によれば、12級と認められれば労働能力喪失率は14%、後遺障害慰謝料は290万円となりますが、14級と認められると労働能力喪失率が5%、後遺障害慰謝料は110万円となります。

つまり、認められる後遺障害の等級により、被害者として受け取ることができる金額が変わってくるのです。

ところが、実際には、保険会社任せにしてしまって、適切な内容の後遺障害診断書を提出しなかったために、本来得られるはずの後遺障害の認定が受けられないケースが実に多いのです。特に高次脳機能障害、遷延性意識障害、外傷性頚部症候群、脳脊髄液減少症、脊髄損傷のような後遺症については、法律のみならず医学の専門知識も必要になります。

実際、加害者側の保険会社における後遺障害の認定は非常に低いという現実があります。私達弁護士は、多くの案件において、保険会社による後遺障害認定に異議を申立てることにより、より重い後遺障害等級の認定を獲得してきました。

後遺障害の等級認定について弁護士に依頼してみては?

等級の判定に納得できない場合であっても、ご自身で判定に異議を申し立てることは難しいかもしれません。上述のとおり、後遺障害等級認定に関しては、法律のみならず医学の専門知識まで必要になるケースもあるからです。

そのような場合には、交通事故に強い弁護士に相談してみるのも1つの方法です。もし身近に交通事故に強い弁護士がいらっしゃらないようでしたら、当事務所も、交通事故の弁護士による無料相談をお受けしています。交通事故の後遺障害についてお悩みがありましたらご相談ください(多くの方からの法律相談をお受けしているため、無料相談は事前予約制としています。あらかじめメールかお電話で日時を予約してください。)。実際に後遺障害の等級の異議申立などを当事務所の弁護士に任せるかどうかは、無料相談を受けた後に決めていただければいいのです。また、私達から「必ず解決を依頼してください」などと言うことはありません。ご安心ください。

後遺障害等級が上がれば

後遺障害の等級が上がれば、それだけ損害額(被害者として受け取ることができる金額)が上がります。もちろん、お金ですべてが解決するわけではありません。しかし、交通事故の被害者が本来もらうべき金額は受け取るべきであると私達弁護士は考えています。それは交通事故の被害者としての当然の権利なのですから。

交通事故の被害は、事故の時だけにとどまりません。後遺障害が残り、長期にわたって辛い症状に苦しむ方が大勢いらっしゃいます。当事務所は、交通事故による後遺障害認定の異議申立てを扱っています。まずはあなたのお悩みを、私達弁護士に話してみませんか。私達は交通事故の被害者の味方です。
連絡先:交通事故の相談は弁護士に

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ