当法律事務所では、交通事故の被害に遭われたあなた(またはご家族)の負担をできるだけ小さくしたいとの考えから、【相談料0円、着手金0円】加害者側の保険会社との示談交渉・損害の請求をお手伝いしています。

交通事故の弁護士特約について

交通事故の弁護士特約とは?

弁護士特約は、ご契約者、そのご家族または契約した車に搭乗中の方などが自動車にかかる交通事故被害に遭い、相手方に損害賠償請求を行う場合に生じる弁護士費用や、法律相談をする場合の費用等を支払ってもらえる特約です。正確には弁護士費用特約といいます。もし相手方が損害賠償請求に応じない場合であっても、弁護士に相手方との交渉を依頼することができます。

保険の内容としては、1回の交通事故につき、被保険者1名あたり300万円を限度として保険金が支払われる内容の弁護士特約が一般的です。しかし、ほとんどの交通事故では、弁護士費用が300万円を超えることはありませんから、全ての弁護士費用が保険でカバーされます。

弁護士特約を利用して弁護士に相談すれば、弁護士費用をあなたが負担することなく、弁護士が代わりに保険会社と交渉してより良い示談の条件を引き出してくれますから、これを利用しない手はありません。

一般的に、弁護士特約では以下の費用がカバーされます。

・弁護士報酬
・訴訟費用
・仲裁・和解もしくは調停のための費用
・法律相談料

なお、弁護士特約に加入しているか確認しないまま、加害者側の保険会社との示談に応じてしまう方がいらっしゃいますので、ご注意ください。保険証券(又は共済証券)の特約欄をご覧いただくと、弁護士特約に加入しているかどうかを確認することができます。また、保険会社(又は共済)に連絡することで、あなたが弁護士特約に加入しているかを確認することもできます。

弁護士特約には加入しているけれども、弁護士特約を使うと等級が下がってしまうのではないか、その結果、保険料が上がってしまうのではないかと心配なさる方もいらっしゃいます。しかし、弁護士特約を使っても等級はまず下がりませんのでご安心ください。 

また、弁護士特約を利用する場合であっても、弁護士は自分で自由に選ぶことができます。したがって、まずは無料相談を受け付けている交通事故の専門家の弁護士にお悩みを相談することをお勧めします。

当事務所も交通事故の無料相談を受け付けておりますので是非ご利用ください

どんな時に弁護士特約を使えるか?

もしあなたに過失がある場合でも、弁護士特約を使うことができます。相手方の保険会社にあなたにも少し非があると言われている場合(例:被害者であるあなたの側に3割の過失があると言われたような場合)であっても、弁護士特約は利用できるのです。詳しくは弁護士に相談してみてください。

なお、自動車に関わる被害事故の「自動車」には、契約した車だけでなく、タクシーやバス、友人の車など自動車全般をいい、一般には原付・二輪自動車も含みます。また、契約者、そのご家族については、車の搭乗中だけでなく、歩行中の場合の交通事故など、自動車全般に関わる被害事故が対象となるのが一般的です。

また、被保険者ご自身が交通事故の被害に遭われた場合はもちろん、ご家族がが交通事故の被害に遭った場合についても弁護士特約を使うことができるのが一般的です。ご家族が被害に遭われた場合も、一度弁護士に相談することをお勧めします。

連絡先:交通事故の相談は弁護士に

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ