交通事故の用語集

一覧へ戻る

事前認定

加害者側の任意一括払いの手続が行われている場合、任意保険会社に対して、病院に問い合わせたり資料を取り寄せたりすることに関する同意書と後遺障害診断書を提出しておけば、あとは加害者側の保険会社が資料をそろえて、損害保険料率算出機構に提出し、後遺障害等級認定をしてもらいます。これを事前認定といいます。事前認定で等級が認定されると、その等級を前提に、保険会社が示談書の案を提示してきます。それを承諾するかどうかは、被害者の自由です。被害者が事前認定で下された等級に不満がある場合には、任意保険会社に異議申立書を提出して、再度の認定を求めます。他方、事前認定ではなく、被害者請求を行い、後遺障害等級が認定されれば、その等級に応じた損害賠償金を受け取ることができます。そのため、被害者請求を行えば、最終的な示談交渉を行う前にまとまったお金を手にすることができるため、経済的な余裕が生まれます。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ