交通事故の用語集

一覧へ戻る

ペット被害の慰謝料

原則として、ペットが死亡したり怪我をしたとしても、その飼い主についての精神的損害(慰謝料)は認められません。ただし、例外的にこれを認める裁判例もあります。たとえば、ペットは、飼い主との間の交流を通じて家族の一員であるかのように飼い主にとってかけがえのない存在になっていることが少なくないことに理解を示し、ペットが重い傷害を負ったことにより死亡した場合に近い精神的苦痛を飼い主が受けた場合には、慰謝料を請求することができると判断した裁判例があります。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ