交通事故相談Q&A

一覧へ戻る

交通事故の相談

サラリーマンが交通事故の被害に遭った場合、休業損害の基礎収入はどのように算定されるのでしょうか。

交通事故の相談への回答

サラリーマンなどの給与所得者については、交通事故による受傷のための休業により現実に喪失した収入額が休業損害として認められ、具体的には事故直前3ヶ月の平均収入額が算定根拠として使われます。将来の昇給の可能性などについては、不確定要素が強いため考慮されないことが多いです。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ