交通事故の用語集

一覧へ戻る

カルテ

カルテとは、患者の情報や診療の経過を記録したもので、正式には「診療録」といいます。医師は患者を診療した場合に必ずカルテに記載しなければならないこと(医師法第24条1項)、5年間の保管義務があること(同条2項)が法律で定められています。たとえば、交通事故の後遺障害のケースでは、カルテなどの医療記録を検討するということが必要になることが多いですが、手書きのカルテは読みにくいことが多いです。電子カルテの導入が進むことが期待されます。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ