交通事故の用語集

一覧へ戻る

アジャスター

交通事故の被害者は、多くの場合に加害者が加入している任意保険の事故示談交渉担当者(この人をアジャスターといいます)と損害賠償の交渉をすることになります。アジャスターは、保険会社の立場で示談交渉を進めるため、保険会社にとって有利な独自の算定基準を用い、賠償金額を提示します。これに対しては、交通事故の被害者側は、弁護士に交渉を依頼することによって、より有利な裁判所基準を用いた高額での示談成立を期待できます。このことを知っているかどうかで、特に重い人損事故の場合には賠償金額に非常に大きな差が出てくるのです。アジャスターが提示する示談書の内容に疑問がある場合などは、専門家の弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ