お困りですか?まずは、無料相談へ。安心の無料相談ダイヤル365日24時間いつでも受付中! 0120-980-856 代表弁護士の実績と自己紹介はこちらをクリック メールでの無料相談も受付中!無料ご相談フォームはこちらをクリック
相談料 何度でも0円 着手金0円 私達弁護士の役割は、"交通事故の被害者(=あなた又はご家族)が受け取る賠償金額を最大化すること"です。賠償金の増額がなければ弁護士費用をお支払いいただく必要はありません。弁護士が、あなたに代わって示談交渉・損害賠償の請求をお手伝いします。 弁護士費用についてはこちら

次の場合は、今すぐ無料相談をご利用ください【全国対応】

  • 弁護士がどなたにも分かりやすく説明します。何度でも無料ですからどんどん相談してください。被害者のご家族の方も遠慮なく相談してください。全国対応しています。
  • 死亡事故の場合(被害者のご家族の方)
  • 交通事故で重傷を負った方(そのご家族の方) - 高次脳機能障害、脳挫傷、ひどい骨折、失明・視力の低下、手足の切断、聴力喪失、働けなくなるほどの障害など
  • 交通事故の怪我で後遺障害等級が認定された方(そのご家族の方)
  • 保険会社に損害額(示談金額)を提示されたが、それが妥当な金額なのか分からず、示談書に署名すべきか悩んでいる方
※ 当面のところ、東京・神奈川・埼玉・千葉以外の遠方の方の交通事故の無料相談は、死亡事故、重傷事故、12級以上の後遺障害等級が認定された事故に限らせて頂いております。 連絡先:交通事故の相談は弁護士に

▲ページ最上部へ

交通事故は弁護士に相談を

交通事故トラブル、自力で示談交渉?弁護士に相談?

交通事故の被害に遭った方の中には、自力で保険会社と交渉して解決することを考える方もいらっしゃるようです。自力解決を否定はしませんが、次のような「よくある誤解」を抱いている方も多いようです。 交通事故について正しく理解したうえで、自力で解決するか弁護士に相談するか判断しましょう。

誤解 01:保険会社が提示する示談金は妥当な額だ

jidan-nayami 交通事故の被害に遭われたあなたご自身やご家族の方は、もし弁護士に相談・依頼しないのであれば、ご自身で保険会社と示談や慰謝料の交渉をしなければいけません。

「この金額が提示できるギリギリの損害賠償額です。」

これが保険会社の常套句です。

「そうか、仕方ないな。プロの保険会社の人が言うのだから本当なのかな。」

そう考えて、保険会社が提示する示談金の額に納得してしまい、安易に保険会社の示談書にサインしてしまう方がとても多いのです。

しかし、示談書にサインする前にひとつ覚えておいてください。実は、保険会社が提示している示談の賠償額は、本当は低すぎることが多いのです。

保険会社の提示額 < 弁護士が正当に請求する額

という関係になることがほとんどなのです。

なぜ保険会社が提示する示談金(賠償額)は低いのでしょうか。その理由は簡単です。

保険会社は、ビジネスとして、自分の利益をできるだけ多く確保する(=支払う保険金を少なくする)ために、本来裁判で認められるべき基準よりも低い基準を設定しているのです。

しかし、あなたには、交通事故の被害者として、妥当な基準(これは裁判基準とか弁護士会基準と呼ばれます)にもとづいて計算された損害の賠償を請求する正当な権利があるのです。

加害者側の保険会社に「これが相場だ」などと言われても、保険会社の言うことを鵜呑みにしてはいけません。

弁護士が妥当な基準をもとに、あなたに有利な主張をすることにより、保険会社の提示する示談金(損害賠償額)が何倍にも上がることも珍しくありません。また、賠償額を算定するうえで重要な過失割合等についても、弁護士が適切に対応すれば、被害者に断然有利に交渉することができるのです。

誤解 02:弁護士に相談すると裁判になって面倒だ

negotiation2 交通事故の被害に遭われたあなたにとって、弁護士に相談するということは、とてもハードルが高いことですよね。

「裁判のような大ごとになって面倒なことになるのではないか」

そんな心配をなさるのも、ごもっともなことだと思います。

でも、ご安心ください。

私達弁護士に相談したとしても、必ずしも裁判になるわけではありません。むしろ、ほとんどのケースでは、裁判にならずに、弁護士と保険会社との話し合いで早期に解決するのです。

つまり、交通事故の交渉のプロである弁護士が、あなたに代わって加害者や保険会社と話し合い、あなたに有利な条件で示談などをまとめるというのが、私達弁護士があなたのためにできることです。 ほとんどのケースでは、裁判などのオオゴトにはなりません。

誤解 03:示談書にサインしても後で取り消せる

刑事弁護士による無料相談 もし保険会社から、示談をするよう提案されているとしても、ちょっと待ってください。交通事故の示談書に一度サインをしてしまったら、示談を取り消したりすることはまずできません。

その後に保険会社に対して何か主張したいことが出てきても、保険会社は、示談書に書かれた賠償額以上は払ってくれません。ですから、示談書にサインする前に、保険会社が提示する賠償額が適切なのか、一度ぜひ専門家である交通事故に強い弁護士に相談してください

あなたが、適正かつ妥当な賠償額が得られるように、弁護士がお手伝いいたします。

誤解 04:弁護士に相談すると費用が高い

baishou-keisan ご安心ください。当事務所の弁護士に相談していただければ、相談料は0円、着手金も0円です。

当初保険会社から提示された金額から、交渉により増額した範囲内で弁護士費用をご負担いただくだけですので、相談していただいたとしても、あなたに金銭的なリスクは全くありません。詳しくは費用のページをご覧ください。

連絡先:交通事故の相談は弁護士に

▲ページ最上部へ

交通事故を当事務所の弁護士に相談するにあたって

交通事故の被害者が当事務所の弁護士に相談するにあたっては、次のようなことを疑問に思う方が多いようです

  • 交通事故損害賠償 交通事故の被害者の味方になってくれる、実績と経験が豊富な弁護士に相談したいのですが、大丈夫でしょうか。

    交通事故示談 お任せ下さい。当事務所は、毎日のように交通事故被害者からの相談を受けており、膨大な経験・知識・ノウハウが蓄積されています。また、被害者を守ることをポリシーとしているため、保険会社側の弁護活動はしておりません。圧倒的な実力を武器に、徹底的に被害者をサポートするのが当事務所の方針です。
  • 交通事故損害賠償 交通事故の被害者として、いくら損害の賠償を請求できるのか、適正な損害額が分かりません。保険会社の言っている示談金額が妥当なのかもわかりません。

    交通事故示談 お任せ下さい。当事務所の弁護士が、およその損害額の見通しと今後の方針についてアドバイスします。
  • 交通事故損害賠償 交通事故の被害者にとって、自分で保険会社と示談交渉するのは面倒です。

    交通事故示談 お任せください。あなたの代わりに当事務所の弁護士が面倒な保険会社との交渉をします。その結果、たいていの場合、保険会社の提示額と比べて、あなたが受け取る金額が上がります
  • 交通事故損害賠償 保険会社から示談書の案が送られてきましたが、その示談書にサインすると、将来何を主張できなくなり、何を主張できるのか、よく分かりません。

    交通事故示談 お任せください。弁護士が、示談書の意味について、分かりやすくご説明します。
  • 交通事故損害賠償 保険会社から「早く示談書にサインをして欲しい」とプレッシャーをかけられています。どう対処したらいいかわかりません。

    交通事故示談 ぜひ当事務所の弁護士に相談してください。このような保険会社のプレッシャーに対してどのように対処すべきか、弁護士が教えます。
  • 交通事故損害賠償 保険会社から「被害者のあなたにも非があるから損害額は過失相殺される」など、専門用語でいろいろ言われますが、どう反論したらいいか分かりません。

    交通事故示談 お任せください。過失相殺は法律の専門的な観点から反論すべき争点です。当事務所の弁護士が反論の方針を検討します。
  • 交通事故損害賠償 事故後の加害者の態度に腹が立っています。交通事故の被害者は、加害者に対して何ができるのか教えて欲しいです。

    交通事故示談 当事務所の弁護士に相談してください。加害者に対してできること、できないことを、弁護士がご説明します。
  • 交通事故損害賠償 交通事故の被害に遭ったうえに、示談金の交渉などのストレスを抱えたくありません。

    交通事故示談 お任せください。弁護士に事件解決を任せることにより、保険会社との面倒な交渉から解放され、ストレスから解放されます。また、怪我の治療にも専念できます。
  • 交通事故損害賠償 弁護士に相談すると、高い費用がかかるかもしれないのが心配です。

    交通事故示談 ご安心ください。弁護士は正式に事件を受任する前に費用について説明する義務があります。なお、当事務所の弁護士費用は、今なら相談料0円、着手金0円です。あなたに金銭面のリスクはありません(費用の詳細ページへ)
  • 交通事故損害賠償 自分が加入している保険に弁護士費用特約が付いているのか、家族が加入している保険に付いている弁護士費用特約を自分のために使えるのか、自分が遭った交通事故に弁護士費用特約を使えるのかわかりません。弁護士費用特約のことが分かりづらくて困っています。

    交通事故示談ぜひ当事務所の弁護士に相談してください。弁護士費用特約があなたに適用されるか、弁護士がアドバイスします。弁護士費用特約が適用される場合には、もちろん当事務所の弁護士費用についてもご利用いただけます。
  • 交通事故損害賠償 弁護士に相談するというのは、なんとなく心情としてハードルが高いと感じます。

    交通事故示談 申し訳ございません。それは、あなたが悪いのではなく、敷居が高いと思わせている我々弁護士が悪いのです。ただ、あなたには、保険会社が提示する示談の内容を鵜呑みにして欲しくありません。交通事故の被害者として、本来受け取るべき正当な金額を受け取っていただきたいのです。もちろん、無理に相談していただく必要はありません。しかし、もし私達の考えに納得していただき、相談していただいたならば、全力でサポートすることをお約束します
連絡先:交通事故の相談は弁護士に

▲ページ最上部へ

交通事故の相談をしたいけど…弁護士って費用が高いのでは?

交通事故を弁護士に相談した方が良いのはわかるけど・・・でも費用が高そう。。。そうお考えの方が多いと思います。

ご安心ください。相談料は0円、着手金も0円です。

koutsuujiko-denwa 大事なことなので繰り返します。

当事務所では、相談料0円、着手金0円で交通事故の相談をお受けし、相手方から賠償金を獲得して初めて、賠償金額に応じた弁護士への費用が発生します(賠償金額の10%(税抜))。交渉力に絶対の自信があるため、成功報酬という形を採用しているのです。

「弁護士費用は払ったけど肝心のお金はもらえないのでは?」

とか

「弁護士費用を払うと賠償金がマイナスになるのでは?」

という心配をする必要は全くありません。あなたが損をするリスクは全くありません

具体的な流れとしては、まず、交通事故の無料相談をご利用いただきます。その後、示談交渉や訴訟をご依頼いただくことを決めていただいてから、契約を締結することになります。その際、費用にもついてきちんとご説明し、ご納得いただいた後に契約を締結しますし、契約書に弁護士費用を明記します。もちろん、ご納得いただけない場合は、無料相談の後で契約しないこともできます。

詳細は、弁護士費用のページをご確認ください。

保険会社が弁護士費用を払ってくれることも!

上記のとおり、あなたにご負担いただく費用は、賠償金額の10%(税抜)のみ(相談料0円、着手金0円)ですが、この費用すら保険会社が払ってくれることがあります。

次の保険の内容を、もう一度確認してみてください。保険会社に聞いてみるのも良いと思います。

  • あなたが加入している自動車保険(任意保険)
  • ご家族が加入している自動車保険(任意保険)
  • 乗っていた他人名義の車に付いている自動車保険(任意保険)
  • あなたが加入している損害保険
  • ご家族が加入している損害保険
これらのうち1つでも良いので、「弁護士費用特約」が付いていないかご確認ください。

もし、これらのうち1つでも弁護士費用特約が付いているなら、ほとんどの場合、弁護士費用の全額を保険で賄うことができます(上限300万円まで補償されることが多いようです)。ですから、弁護士費用特約が付いている場合は、迷わず弁護士に相談してください。

なお、弁護士費用特約がなくても、当事務所の弁護士費用体系は、あなたが損をするリスクが全くないようにしています。どうぞ、安心して相談してください。弁護士費用の詳細につきましては、弁護士費用のページをご覧ください。

連絡先:交通事故の相談は弁護士に

▲ページ最上部へ

交通事故を相談すべき弁護士とは?

koutsuujiko-coffee 交通事故に専門的に力を入れている弁護士を選んで相談することをお勧めします。

交通事故の被害者やご家族からご依頼を受けて、示談や慰謝料、損害賠償額について、保険会社と有利に交渉をするためには、交通事故に関する専門知識や経験が必要になります。交通事故トラブルは、弁護士の腕によって、獲得できる賠償額が大きく変わります。ですから、ぜひ交通事故に力を入れている弁護士に相談することをお勧めいたします。

手前味噌ですが、当事務所の弁護士は、交通事故に関する交渉やトラブルの解決に非常に専門的に力をいれています

もし、あなたのお知り合いに、交通事故に力を入れている弁護士がいらっしゃらないのであれば、この長文をここまで読んでいただけたのも何かの縁かと思いますので、もし気が向きましたら相談してください。

「あの弁護士に相談して良かった!」 と思っていただけるように、あなたを全力でサポートします。あなたの相談をお待ちしております。一緒に頑張りましょう。 連絡先:交通事故の相談は弁護士に

▲ページ最上部へ

交通事故の知識

交通事故について、私たち弁護士に相談していただく場合は、できるだけ分かりやすく説明しますので、あなたは交通事故について詳しく知っている必要は全くありません

以下に、交通事故の被害者の方に質問を受けることがある論点のごく一部をまとめましたが、これだけでも専門家である弁護士でなければ交通事故を扱うことが難しいということをおわかりいただけるかと思います。

それぞれの争点の詳細について知りたい方は、「交通事故相談Q&Aのページ」をご覧ください。

交通事故の相談で問題となる論点

交通事故の損害賠償責任を誰に追求できるのか

  • 会社の従業員が交通事故を起こした場合、会社に損害賠償を請求できないのでしょうか。
  • 加害者が自賠責保険に加入していなかった場合、交通事故の被害者はどうすればいいのでしょうか。
  • 交通事故の加害者が未成年者であるとき、損害賠償などの責任を追及できるのでしょうか。
  • 元請会社は、下請会社が起こした交通事故について、自賠法3条の責任を負いますか。
  • 自賠法3条により交通事故の損害賠償責任を負う「自己のために自動車を運行の用に供する者」とはどういう意味ですか。
  • 私が名義を貸した他人の車が交通事故を起こした場合、私は運行供用者として事故の責任を負いますか。
  • 車の助手席に同乗してその車の誘導をしていた人は、自賠法の責任を負いますか。
  • 交通事故において、自賠法3条の免責が認められるのは、どのような場合ですか。
  • 親が所有する自動車で、その子が交通事故を起こした場合に、親は運行供用者として責任を負いますか。
  • 自動車の保有者が同乗して事故にあった場合、その保有者は自賠法3条の「他人」にあたりますか。

積極損害(交通事故により支出を余儀なくされた損害)

  • 義眼、義歯などの装具については、どの程度が損害として認められるのでしょうか。
  • 交通事故の被害に遭い、温泉療法を採った場合の費用は、治療費として損害に含まれますか。
  • 交通事故の被害に遭った場合、さしあたっての治療費は誰が支払うのでしょうか。
  • 交通事故に遭い、鍼灸やマッサージを受けたのですが、これらの費用は損害に含まれますか。
  • 弁護士に相談した場合に、交通事故の被害者が負担した弁護士費用を、加害者側に請求できますか。
  • 交通事故の被害に遭い、通院・入院した際に、医師に渡した謝礼分の賠償を加害者に請求できますか。
  • 事故後、病院の特別室で入院しました。特別室使用料を加害者に請求できますか。
  • 交通事故の被害者の看護に近親者が付き添った場合、基準上の金額とは別に、交通費を請求できますか。
  • 付添看護費が交通事故の損害と認められるためには付添看護費を実際に支払う必要があるのでしょうか。
  • 交通事故で被害者が死亡する死亡事故の場合、葬儀関係費用を損害として賠償を請求できますか。

消極損害(交通事故により得ることができなくなった財産的損害)

  • 交通事故の時に被害者が学生である場合、休業損害は認められますか。
  • 交通事故の損害額を算定するうえで、就労可能年数というのは、どのように計算されるのでしょうか。
  • 外国人が交通事故の被害者の場合、その逸失利益はどのように算出されるのでしょうか。
  • 被害者が交通事故に遭った際に無職だった場合に、休業損害は認められますか。
  • 交通事故による休業期間中に、有給休暇を使用した場合に、その期間につき損害は認められますか。
  • 交通事故がなければ予定されていたはずの将来の昇給や昇任については、損害額の算定に含めて考えられるのでしょうか。
  • 付添人の休業による損害と付添看護費とはどのような関係になるのでしょうか。
  • 給与所得者が交通事故で怪我をし、症状固定前に退職した場合、休業損害はどのように算定されますか。
  • サラリーマンが交通事故の被害に遭った場合、休業損害の基礎収入はどのように算定されますか。
  • 交通事故の被害者についてRSDは認められますか。
  • 交通事故の被害者についてPTSDは認められますか。

精神的損害(慰謝料)

  • 交通事故の被害者の近親者には慰謝料請求権がありますか。
  • 後遺障害慰謝料は、交通事故においてはどのように算定されるのでしょうか。
  • 入通院慰謝料(傷害慰謝料)は、交通事故においてはどのように算定されるのでしょうか。
  • 交通事故の被害者が死亡する交通死亡事故の場合、被害者に慰謝料請求権は発生する(そして相続する)のでしょうか。
  • 交通事故(死亡事故)の場合の死亡慰謝料はどのように算定されるのでしょうか。
  • 交通事故の慰謝料は、どのように算定されるのでしょうか。
  • 交通事故の被害者が外国人の場合、慰謝料はどのように算定されるのでしょうか。
  • 交通事故でペットが死亡または怪我をした場合、慰謝料などの損害は認められますか。

物的損害

  • 交通事故の結果、営業用車両が使用できなくなった場合、営業をしていれば得られたであろう利益は請求できますか。
  • 被害車両の修理をした場合、事故歴がついて評価が下落したことは損害として認められますか。
  • 交通事故によって車両が使えなくなった場合、代わりの車両を借りるのに要した費用は損害でしょうか。
  • 交通事故の物損は、いかなる場合も自賠責保険の対象にはならないのでしょうか。
  • 交通事故で修理できないほど自動車が壊れました。損害額はどのように考えればいいのでしょうか。
  • 交通事故の物損については慰謝料は認められないのでしょうか。

示談金・損害賠償額の減額

  • 交通事故の保険金は損益相殺により控除されるのでしょうか。
  • 交通事故の被害者の体質的・身体的な要因は、損害額の算定にあたって考慮されるのでしょうか。
  • 交通事故の被害者の心因的要因は、損害額の算定にあたって考慮されるのでしょうか。
  • 運転者の好意により同乗していたことは、交通事故の損害賠償額の減額事由にあたるのでしょうか。
  • 交通事故の被害者が小さな子供である場合でも、過失相殺として、損害額が減額されることがあるのでしょうか。

その他

  • 被害者が交通事故後に自殺した場合、被害者の死亡につき相続人は損害賠償請求できますか。
  • 交通事故の損害賠償の遅延損害金というのは、どの時点から発生するのでしょうか。
  • 私は、交通事故の保険契約約款の内容を理解していませんが、それでも保険契約約款に拘束されるのでしょうか。
  • 交通事故の加害者が任意保険に加入しているかどうかを調べる方法はありますか。
  • 交通事故の加害者や保険会社との示談交渉はいつ頃から始めればいいのでしょうか。
  • 交通事故の被害者が、示談に応じると、加害者の刑事事件にも影響するのでしょうか。
  • 会社の役員が交通事故で負傷し会社の収益が悪化した場合、会社は、加害者に損害を請求できますか。
  • 交通事故の被害者の親族がショックでうつ病になった場合、親族の治療費は損害に含まれますか。
交通事故でよく問題となる争点の詳細については、「交通事故相談Q&Aのページ」をご覧ください。 連絡先:交通事故の相談は弁護士に

▲ページ最上部へ

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ